3/27 関内GREENDAY! 泰生ビル壁面緑化お披露目記念トーク「みどりと暮らす実験」(地域緑のまちづくり)


横浜市では、住宅地や商店街など様々なまちで、住民が主体となり、地域にふさわしい緑を創出する計画をつくり、市民との協働によって緑化を進める「地域緑のまちづくり」の取り組みが進められています。

関内地区では、平成29年1月から、常盤町・住吉町・相生町・太田町・弁天町・海街自治運営会、UR海岸通り自治会の7つの町内会と、関内まちづくり振興会が連携して「関内地区市街地緑アップ推進会」を設置し、地域緑化に取り組んでいます。

このたび、今年度の活動として整備した「泰生ビル」の壁面緑化の完成を記念して、3月27日(水)19時からBankART Homeで、完成記念トークセッション「みどりと暮らす実験」を小林崇さん(株式会社ツリーハウス・クリエーション代表)と西田司さん(株式会社オンデザインパートナーズ代表)をお招きして実施します。

当日は、10時から、海岸通りに新たに設置されているオリジナルプランターの寄せ植え、関内桜通りの弁三ビル壁面(弁天通り)の剪定、 KANNAI NIWA STAND(泰生ビル)の寄せ植え体験を行います。
https://www.facebook.com/events/1116740995164025/

また、16時30分からBankART Homeで、泰生ビルの壁面緑化のお披露目イベントとして、「関内みどりのまちづくり トークセッション」を実施します。関内地区にふさわしい緑を創ろうと地域の力を合わせて完成した「泰生ビル」の壁面緑化を地域の皆さまにお披露目し、みどりのまちづくりについて紹介します。
https://www.facebook.com/events/299982884002570/

<実施概要>
関内GREENDAY! 泰生ビル壁面緑化お披露目
「関内みどりのまちづくり トークセッション」
◎日時:3月27日(水) 19:00〜21:00
◎会場:BankART Home(横浜市中区相生町3-61 泰生ビル1F)
◎タイムテーブル
準備中

◎参加費:無料
◎参加申込:このFacebookイベントで「参加する」を押して頂くか、メール info@yokohamalab.jpまで申込。
https://www.facebook.com/events/419378888631023/
◎主催:関内地区市街地緑アップ推進会  
(常盤町・住吉町・相生町・太田町・弁天町・海街自治運営会、UR海岸通り自治会の7つの町内会と、関内まちづくり振興会)

【登壇者プロフィール】
・小林崇さん(株式会社ツリーハウス・クリエーション代表)
1957年、静岡県伊豆生まれ。スタイルとデザイン、感性をコンセプトにしたツリーハウスを創作する日本のツリーハウス第一人者。世界各地を放浪する生活を続けていた30代中頃、オレゴン州で毎年開催されるツリーハウスの国際イベントに日本から唯一参加するようになる。以来、世界各地にこれまで150以上のツリーハウスを制作しながら、既存の枠に囚われない自由で豊かな世界観を提案し続けている。
http://treehouse.jp/

・西田司さん(株式会社オンデザインパートナーズ 代表)
1976年神奈川県生まれ。1999年横浜国立大学卒業。同年、スピードスタジオ設立。2004年オンデザインパートナーズ設立。主な作品に「横浜アパートメント」(2009年)、「江ノ島ヨットハウス」がある。著作に『オンデザインの実験』(TOTO出版,2018年)、『建築を、ひらく』。
http://www.ondesign.co.jp/

聞き手
・杉浦裕樹(関内地区緑アップ推進会)

【参考】
▽地域緑のまちづくり(環境創造局)
地域緑のまちづくりとは、市民の皆様が主体となり、住宅地や商店街、オフィス街、工場地帯など様々な街で、地域にふさわしい緑を創出する計画をつくり、市との協働により緑化を進めるものです。
「緑や花でいっぱいの街をつくりたい」という地域の皆様からの提案を募集し、一次二次選考を通過した団体に助成金を交付します。
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/midoriup/jigyo/midori/chiikimidori2/

PAGE TOP